2015年08月25日

ベルギーGP結果!

1ヶ月弱の「夏休み」が終わったF1.

さあ、後半戦のスタートとなる「ベルギーGP」の結果です。

マクラーレン・ホンダは完走で13位14位でした。


詳しい結果はこちら↓



F1 ベルギーGP】ハミルトン今季6勝目、グロージャンが約2年ぶりの表彰台
レスポンス 8月24日(月)10時29分配信

【F1 ベルギーGP】ハミルトン今季6勝目、グロージャンが約2年ぶりの表彰台
F1ベルギーGP決勝
2015年のF1第11戦ベルギーGPの決勝が23日、スパ・フランコルシャンで開催。ルイス・ハミルトン(メルセデス)が今季6勝目を獲得した。

ポールポジションからスタートしたハミルトンはトップを死守し1コーナーへ。一方2番手の僚友ニコ・ロズベルグ(メルセデス)が出遅れてしまい、セルジオ・ペレス(フォース・インディア)、ダニエル・リチャルド(レッドブル)の先行を許してしまう。その後、持ち前の高いマシンパフォーマンスで2位に浮上するが、チャンピオン争いでもライバル関係にあるハミルトンは4秒前方。終盤までバトルに持ち込む事ができず、そのままフィニッシュ。ハミルトンは今季6勝目、通算39勝目を飾った。これにより両者のポイント差は28ポイントに広がっている。

3番手には、予選で出遅れたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が挽回。メルセデス勢2台とともにお馴染みのメンバーが表彰台に上がるかと思われたが、残り2周でタイヤがバースト。大きく後退を余儀なくされる。これでロマン・グロージャン(ロータス)が3位を手にしチェッカー。2013年アメリカGP以来、約2年ぶりの表彰台を獲得した。

マクラーレン・ホンダはパワーユニットの総交換でグリッド降格ペナルティを受け最後尾からのスタート。今回のようなパワーが求められるサーキットではまだまだパフォーマンスを引き出せない厳しい状況にありながらも、最後まで走り切りフェルナンド・アロンソが13位、ジェンソン・バトンが14位で完走を果たした。
posted by 葉月 at 01:43 | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。