2015年06月22日

オーストリアGP決勝!(F1はクズか?)

決勝ではPPを獲得したハミルトンをロズベルグが捉えて
逆転。
そのまま優勝。
3位を走っていたベッテルがタイヤ交換に時間を取られて
マッサに抜かれ、マッサが3位に。
以下4位ベッテル、5位ボッタス(ウィリアムズ)となりました。
注目のフェルスタッペンは8位。

マクラーレン・ホンダは2台とも早々に姿を消してしまい
ました。


【決勝速報】ロズベルグ逆転優勝 アロンソとライコネンがクラッシュ/F1オーストリアGP

TopNews 6月21日(日)23時7分配信

【決勝速報】ロズベルグ逆転優勝 アロンソとライコネンがクラッシュ/F1オーストリアGP
F1オーストリアGP決勝を2番手からスタートし、ハミルトンをかわして今季3勝目をあげたロズベルグ。
2015年F1第8戦オーストリアGPが6月21日(日)、レッドブルリンク(全長4.326km)で3日目を迎え、現地時間14時(日本時間21時)から行われた決勝でメルセデスAMGのニコ・ロズベルグが優勝した。今季3勝目、通算11勝目。


レース開始直後のターン1で2番手からスタートしたロズベルグが、ポールシッターのルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)をとらえて先頭に躍り出る。その直後にキミ・ライコネン(フェラーリ)とフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)がからむクラッシュが発生。セーフティカーが導入される展開に。

早々にアロンソを失ったマクラーレン・ホンダだったが、ジェンソン・バトンにも10周目を迎えるところでトラブルが発生。序盤で2台とも姿を消してしまうという厳しい事態となった。

その後上位勢には大きな順位変動はなかったものの、37周目に3番手でピットに入ったセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がタイヤ交換に手間取り大きくタイムロス。これで4番手を走行していたウィリアムズのフェリペ・マッサが難なく3番手に上がる。

レースはそのままロズベルグがハミルトンを従えて先頭でチェッカーを受けた。終盤、マッサを追いあげたベッテルだったが追い抜くには至らず、マッサ3位でフィニッシュ。ベッテルは4位にとどまり、フェラーリは2戦連続でウィリアムズに表彰台を献上した形となった。

5位から10位までの結果は次のとおり。5位バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)、6位ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)、7位パストール・マルドナード(ロータス)、8位マックス・フェルスタッペン(トロロッソ)、9位セルジオ・ペレス(フォース・インディア)、10位ダニエル・リカルド(レッドブル)。

次戦、F1第9戦イギリスGPは、7月3日(金)の日本時間18時に開幕。決勝は7月5日(日)の日本時間21時に行われる。



F1を「クズ」と言ったのは、バーニー・エクレクトンです。

バーニー・エクレストンはF1の最高責任者。
昨年から使われているパワーユニットを批判しています。

ハイブリットV6ターボは、高価で音は静か。勝つのは
特定のチームだけ。
したがって1000馬力のV8エンジンに変更するべきだ、
というのです。コスト削減にもなり、今後F1に参戦したい
と考えるものにとってもそのほうがいい、と。

『F1で重要なのは、テクノロジーだけではない。楽しみを
得られることも大事なのだ。』
『テレビ視聴者も、グランプリ観戦者も減少するというのは
大問題だ』

V8エンジンの復活については、チームからの合意が得られて
いないのですが、エクレクトンはフェラーリの会長と話し合う
つもりだそうです。

さて、どうなるでしょうか。

・・・・そもそもF1の「ボス」といわれるエクレクトンとは
何者か?

次回に触れてみましょう。


posted by 葉月 at 06:36 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

マレーシアGP予選結果

メルセデスは雨でも強かった。
ハミルトンがまたしてもPP.
2番手にフェラーリのベッテルが入っています。
ロズベルグが3位ですが、同じメルセデスでなかなか
ハミルトンに追いつけないロズベルグ。
どうも燃費の差とか、言われていますね。

4位5位がレッドブルの2台。
なんと6位にトロロッソの新人が入っています。
マックス・フェルスタッペン、17歳。
凄いですね!
マッサが7位、マクラーレン・ホンダは17,18位。



雨を制したハミルトンが40回目のPP、フェラーリ2番手/F1第2戦マレーシアGP予選
オートスポーツweb 3月28日(土)20時27分配信

雨を制したハミルトンが40回目のPP、フェラーリ2番手/F1第2戦マレーシアGP予選
ルイス・ハミルトン(メルセデス)&セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
 2015年F1第2戦マレーシアGPは28日、セパン・インターナショナル・サーキットで公式予選が行われ、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンが2戦連続のポールポジションを獲得した。


 土曜日17時(現地時間)から行われた予選は、セカンドラウンドのQ2途中に豪雨に見舞われ、最終セッションのQ3開始が遅れるなど雨に翻弄される展開。実質1周での争いとなったQ2では、好調フェラーリを駆るキミ・ライコネンが集団に埋もれるかたちでトップ10から脱落、11番手に終わってしまった。

 ポールポジションを決するQ3は、若干雨足が弱まるなか引き続きウエットコンディションで行われたが、最初から浅溝のインターミディエイトタイヤを履いたメルセデス勢が主導権を握り、ただひとり1分49秒台に入れたハミルトンがチームメイトのニコ・ロズベルグに1秒以上の差をつけてまずはトップに立った。

 その後、時間とともにコースコンデイィションが回復するなか、逆転を狙うニコ・ロズベルグやフェラーリを駆るセバスチャン・ベッテルらがチェッカーぎりぎりのタイミングを狙ってアタックをかけた。
 ここで集団の先頭を走ったベッテルはロズベルグを上回る1分49秒908で暫定2番手につけるが、逆転ポールを狙ったロズベルグはベストタイムを塗り替えたものの、フェラーリにも届かず3番手に終わってしまう。

 この結果、ハミルトンが自身通算40回目となるポールポジションを獲得したが、決勝グリッドの最前列にはフェラーリのベッテルが並ぶこととなった。ロズベルグと2列目を分ける4番手にはレッドブルのダニエル・リカルドがつけ、チームメイトのダニール・クビアトが5番手。そして、トロロッソを駆る17歳の新人マックス・フェルスタッペンがデビュー2戦目にして6番グリッドを獲得しる活躍をみせた。

 マクラーレン・ホンダは、予選最初のQ1でジェンソン・バトンが17番手、フェルナンド・アロンソは18番手に終わり、Q2進出は果たせなかった。

 なお、マノー・マルシャはロベルト・メリが予選Q1の107パーセントタイムに届かず、ウィル・スティーブンスもノータイムに終わったため、2台揃って予選不通過となっている。

[オートスポーツweb 2015年03月28日]


17位のバトンのコメント。

■ジェンソン・バトン「ロングランには一貫性がある」
フリー3/18番手
予選/17番手
「予選セッションではタイヤに熱を入れるのがすごく難しかった。第1セクターでは毎回走るたびに苦しんでいたよ。でも、第2セクターと第3セクターではうまくクルマを機能させることができていたけれどね」

「予選が始まる前には、前のクルマたちとの差がもう少し縮まるんじゃないかと期待していた。でも今週末はパフォーマンスが大きく改善されたのは確かだ」

「それに、僕たちのレースペースや、ロングランでの一貫性を考えれば、ちょっとばかりチャンスも増えるんじゃないかな。明日は、前の何台かのクルマとは差をつめていけると考えたいね。それを楽しみにして臨むよ」

「今週末は前向きなことがたくさんある。ペースもかなり大きく改善できた。エンジンや空力パッケージについては今後もっと改善すべきこともある。でも、やるべきことは分かっているよ」



18位のアロンソのコメント。

■フェルナンド・アロンソ「予想以上の改善ができている」
フリー3/15番手
予選/18番手
「今日のこういう結果は予想外だというわけじゃない。だけど、僕たちの今週ここまでのパフォーマンスは、マレーシアに来る前に予想していたよりはいいものだよ」

「実際、オーストラリア以後に僕たちが見せた進歩は素晴らしいものだと言えるよ。今では前にいるクルマとの差もかなり縮まったしね。でも、僕たちはまだ力が出しきれていないし、もっと改善が必要だ。とは言え、このクルマに施している改善によって大きな進歩をとげている。だから、Q1で脱落するようなこともそれほど長くは続かないと思っているよ」

「明日雨になれば、チームにとっては新たな学習プロセスを経験できることになる。それは僕にとっても同じだ。オーストラリアで練習することができなかったから、スタート手順やフォーメーションラップ、そしてピットストップなどを行うのは僕にとって初めてのことだからね。それによって、次の何週間かに向けてもっとやれるという自信も付くと思う」

「レースを始めるにあたって理想的なポジションだとは言えないけれど、マクラーレン・ホンダは長期的なプロジェクトだということも完全に理解できている。僕たちはメルセデスAMGに勝ちたいと思っているし、そのためには時間も必要なんだ。そういうチャンスが来たときにそれをつかめるよう準備するためのね」
posted by 葉月 at 12:40 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

カナダGP決勝

今年のレースはわかりません!
なんとハミルトンの優勝で、7レースで7人のチャンピオン!
まだまだ混沌としたレースが続きそうです。
詳しい結果はこちら↓
F1第7戦カナダGP、L.ハミルトンが今季7人目のウィナー! 小林9位
ISM 6月11日(月)5時4分配信

 F1第7戦カナダGPは、現地時間(以下、現地時間)10日、午後2時(日本時間:11日・午前3時)からジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで70周の決勝レースが行なわれ、マクラーレンのルイス・ハミルトンが今季初勝利を挙げ、開幕7戦で7人目のウィナー誕生となった。

 スタート時の天気は晴れ、コースはドライ、気温27℃、路面温度45℃。レッドブルのセバスチャン・ベッテル、L.ハミルトン、フェラーリのフェルナンド・アロンソ、レッドブルのマーク・ウェバーの上位4台はスタートから順位を守り、1回目のピットストップへと向かう。

 この4台の中で一番遅い19周目にピットストップを行なったF.アロンソが前に出るが、翌周にL.ハミルトンがオーバーテイクする。L.ハミルトンは51周目に2回目のピットストップを行なうが、F.アロンソ、S.ベッテルのライバル2人はコースに留まる。

 しかし、タイヤの性能低下でライバルのペースが落ちる中、L.ハミルトンは62周目にS.ベッテル、64周目にF.アロンソをかわしてトップに立ち、昨年アブダビGP以来の通算18勝目、カナダGPでは2年ぶり3勝目を獲得した。

 ともに1ストップ作戦を成功させたロータスのロマン・グロージャンが自己最高位の2位、ザウバーのセルヒオ・ペレスが自身2度目の表彰台となる3位に入った。

 終盤に2度目のピットストップを行ない、ファステストラップを記録したS.ベッテルが4位、1ストップのまま走り続けたF.アロンソが辛うじて5位に留まり、メルセデスのニコ・ロズベルグが僅差の6位となった。レッドブルのM.ウェバー7位、ロータスのキミ・ライコネンは1ストップ作戦で8位に入った。

 ザウバーの小林可夢偉はスーパーソフトタイヤでのスタートで、チームメイトのS.ペレスと同じく1ストップ作戦を実行したが、序盤の渋滞に阻まれ9位となった。10位はフェラーリのフェリペ・マッサだった。

 マクラーレンのジェンソン・バトンは3ストップで16位、メルセデスのミハエル・シューマッハはDRSトラブルでリタイアとなった。

 この結果、ドライバーズランキングではL.ハミルトンが88ポイントで首位に浮上し、F.アロンソが2ポイント差の2位となった。
.最終更新:6月11日(月)18時1分
タグ:ハミルトン
posted by 葉月 at 23:35 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

F1カナダGPフリー走行

F1カナダGPのフリー走行では、1,2ともハミルトンが
トップでしたね。
まだまだ乱戦模様のようです。
詳しい結果はこちら↓

F1第7戦カナダGPフリー走行2、L.ハミルトンが再びトップ 小林6番手
ISM 6月9日(土)4時51分配信

 F1第7戦カナダGPは、現地時間(以下、現地時間)8日、午後2時(日本時間:9日・午前3時)からジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで1時間半のフリー走行2が行なわれ、マクラーレンのルイス・ハミルトンがフリー走行1に続いてトップタイムをマークした。

 午後から雷雨との予報もあったモントリオールだが、セッション中は天気が崩れることなく、曇り、ドライコンディションのもとで行なわれた。

 セッション前半は、大半のマシンがハード側のソフトタイヤで走行。チームメイトのジェンソン・バトンがギアボックス交換作業でピットに留まる中、L.ハミルトンはソフトタイヤで着実にタイムを縮め、開始19分で1分15秒439まで更新する。さらにスーパーソフトに履き替えると、開始37分で1分15秒259と自らのトップタイムを短縮した。

 開始48分、ウィリアムズのブルーノ・セナが最終シケインの通称チャンピオンズウォールでクラッシュし、フリー走行1に続いて赤旗中断となる。

 開始62分でセッションが再開すると、ほとんどのドライバーはスーパーソフトを履いてコースへ向かう。J.バトンもようやくギアボックス交換が終わり、ピットを飛び出していく。

 しかし、最後までL.ハミルトンのタイムを上回るドライバーは現れず、2セッション続けてトップに立った。2番手はわずか0.054秒差でフェルナンド・アロンソ、3番手はフェリペ・マッサとフェラーリ勢が続いた。

 レッドブルはセバスチャン・ベッテル4番手、マーク・ウェバー12番手、メルセデスはミハエル・シューマッハ7番手、ニコ・ロズベルグ10番手、初日はトラブルに翻弄されたJ.バトンは最終的に9番手、ロータスはロマン・グロージャン14番手、キミ・ライコネン15番手と並んだ。

 ザウバーの小林可夢偉は6番手と再び上位につけ、チームメイトのセルヒオ・ペレスは11番手だった。

 明日9日は、午前10時(日本時間:午後11時)から1時間のフリー走行3、午後1時(日本時間:10日・午前2時)から公式予選が行なわれる。
.最終更新:6月9日(土)4時51
タグ:ハミルトン
posted by 葉月 at 17:59 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

スペインGP決勝!

予想に反して、といっては失礼でしょうか。
ウィリアムズのマルドナドがそのまま優勝しましたね。
アロンソの走りに期待していたのですが、フェラーリの
今年の車は信頼感に欠けるのでしょうか?
記事はこちら↓
【F1 スペインGP】5戦目で5人目の勝者誕生! マルドナド初優勝
レスポンス 5月14日(月)21時30分配信


スタート直後にポールポジションスタートのマルドナド(ウィリアムズ)からリードを奪い、最初のスティントで約3秒のリードを確立したのは2番手スタートのアロンソ(フェラーリ)。カタルーニャ・サーキットの地元スペイン人ファンが大熱狂する。

だが、2度目のピットストップでマルドナドが前に出ると、一時は7秒までリードを広げた。アロンソは、この後ギャップを4.2秒まで縮め、マルドナドは続く3度目のピットで少々時間を費やしてしまった。

3番手ライコネンとのギャップは大きく、レースはトップ2人がタイヤを温存したまま終盤を迎えることになる。一時マルドナドがアロンソのプレッシャーに屈するかに見えたが、終盤になるとフェラーリのペースが悪くなり、ギャップは再び拡大し、誰もが予想しなかったマルドナドのポール・トゥ・ウインが実現した。

終盤近く、温存していたフレッシュタイヤを武器にライコネン(ロータス)が上位2台とのギャップを詰め始めたが、ついに届かずアロンソの0.6秒後方でフィニッシュし3位。

また、ロマン・グロージャン(ロータス)が4位、小林可夢偉(ザウバー)が持ち前の勇猛なドライブの末に、5位フィニッシュ。レッドブルのセバスチャン・ベッテルは、黄旗無視でドライブスルーペナルティを受けたが、終盤に猛追して6位フィニッシュに持ち込んでいる。7位はロズベルグ(メルセデスAMG)、8位は最後尾から追い上げたハミルトン(マクラーレン)、9位バトン(マクラーレン)、10位ヒュルケンベルク(フォースインディア)という結果だった


また、その後のウィリアムズの火災にも驚きました。
こんなこともあるのですね。
こちらに関する記事です↓

.ピット火災のウィリアムズ、ライバルからの支援に感謝
TopNews 5月14日(月)23時32分配信


拡大写真
(写真:ウィリアムズ)この記念撮影後に火災が発生した。

スペインGPの決勝後、ピットの火災に見舞われたウィリアムズが、ライバルチームの協力に感謝した。

スペインGPで2004年以来となる優勝を果たしたウィリアムズはレース後、勝利を祝っており、チーム代表フランク・ウィリアムズがスピーチしている際に爆発があり、火災に発展したという。

その際、ウィリアムズのスタッフだけではなく、多くのチームが消火活動に協力。チームの垣根を越えて各チームのスタッフが消火活動にあたる様子が画像や動画で報じられている。

これを受けて、ウィリアムズのチーフオペレーションズエンジニアであるマーク・ジランは、『Autosport(オートスポーツ)』を通じて次のようにライバルチームへ感謝した。

「ウィリアムズを代表して、火災の際に手を貸してくれた他チームの全スタッフに感謝したい」

「彼らの支援には胸を打たれた。とても印象的なものだった」

「ウィリアムズは、各チーム、FIA(国際自動車連盟/F1統括団体)、FOM(フォーミュラ・ワン・マネジメント/F1運営会社)ほか、支援してくれた全員に感謝する」

「素晴らしい結果を残した後に起きてしまったことは非常に残念だが、われわれのチームと支援してくれた皆さんによる迅速な対応によって、被害は抑えられた」

posted by 葉月 at 07:03 | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。