2015年09月07日

イタリアGP!

イタリア・モンツァ
フェラーリファンが集まるサーキットでのレースです。

予選でなんとライコネンが2位!!

これは嬉しいです。

正直メルセデスに勝てるとは思っていなかったので・・・。

決勝が楽しみです!!




F1 イタリアGP】ハミルトン、7戦連続ポール…ライコネンがフロントローに並ぶ
レスポンス 9月6日(日)13時0分配信

【F1 イタリアGP】ハミルトン、7戦連続ポール…ライコネンがフロントローに並ぶ
今季11回目のポールポジションを勝ち取ったハミルトン
2015年のF1第12戦イタリアGP。5日に行われた公式予選でルイス・ハミルトン(メルセデス)が7戦連続となる今季11回目のポールポジションを獲得した。


舞台はシリーズ屈指の超高速サーキットとして知られるモンツァ。今年の傾向としてメルセデス『F1 W06Hybrid』はコーナー区間では抜群の速さを誇る一方でストレートスピードは最速ではないと言われてきたが、いざ金曜のフリー走行が始まると僚友のニコ・ロズベルグとともに1・2位を独占。特にハミルトンは土曜日になっても勢いが衰えず、予選Q1、Q2とトップタイムをマーク。最終Q3では1分23秒397と、この日の全体ベストには届かなかったがロズベルグに0.4秒の差をつけた。

このままメルセデス勢のフロントロー(グリッド最前列)独占かと思われたが、間に割って入ったのが地元レースを迎えているフェラーリ勢。キミ・ライコネンが1分23秒631で2番手、セバスチャン・ベッテルも1分23秒685で3番手に飛び込む。ポールポジション獲得とはならなかったものの、駆けつけた多くのフェラーリファンに応える走りをみせた。

マクラーレン・ホンダ勢は今回もパワーユニット等を交換し、フェルナンド・アロンソ、ジェンソン・バトンともにグリッド降格ペナルティを受ける。Q1では果敢にアタックするもののパワー重視のサーキットで苦戦を強いられ両者ともQ1敗退。ただ、他チームでもパワーユニット交換によるグリッド降格ペナルティがあったため、バトンが15番手、アロンソが16番手からスタートする予定だ。

2015 F1 イタリアGP 公式予選結果
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス)1分23秒397
2.キミ・ライコネン(フェラーリ)1分23秒631
3.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)1分23秒685
4.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)1分23秒703
5.フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)1分23秒940
6.バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)1分24秒127
7.セルジオ・ペレス(フォース・インディア)1分24秒626
8.ロマン・グロージャン(ロータス)1分25秒054
9.ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)1分25秒317
10.マーカス・エリクソン(ザウバー)1分26秒214



ライコネンのコメント

F1】ライコネン、予選パフォーマンスに驚き
ISM 9月6日(日)15時24分配信

【F1】ライコネン、予選パフォーマンスに驚き
イタリアGP予選を2位で終えたライコネン(GP Update)
 イタリアGP予選を2位で終えたキミ・ライコネンは、フェラーリが自分たちのパフォーマンスに驚いたかもしれないと述べている。

 予選前の3回のフリー走行ではルイス・ハミルトンとメルセデスが新しいスペックのパワーユニットにより圧倒的な速さを見せつけたが、ライコネンとチームメイトのセバスチャン・ヴェッテルは予選でシルバーアローの2台を分かつ2位と3位を獲得した。

 「自分たち自身に少し驚いたかもしれない」とライコネンは語った。「力強い週末を予想していたけれど、ここは僕たちにとって最も力を発揮できる場所ではないかもしれないこともわかっていた。でも、最終的にクルマは予選コンディションで非常にいい形になった」

 「チームとして今年最高の予選かもしれない。明日もいい走りをしたいし、僕たちのためだけでなくファンやフェラーリを支える人たちのためにいい結果を残したい」

 ライコネンがフロントローからレースをスタートさせるのは、2013年中国GP以来となる。(情報提供:GP Update)
posted by 葉月 at 00:37 | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。