2015年06月22日

オーストリアGP決勝!(F1はクズか?)

決勝ではPPを獲得したハミルトンをロズベルグが捉えて
逆転。
そのまま優勝。
3位を走っていたベッテルがタイヤ交換に時間を取られて
マッサに抜かれ、マッサが3位に。
以下4位ベッテル、5位ボッタス(ウィリアムズ)となりました。
注目のフェルスタッペンは8位。

マクラーレン・ホンダは2台とも早々に姿を消してしまい
ました。


【決勝速報】ロズベルグ逆転優勝 アロンソとライコネンがクラッシュ/F1オーストリアGP

TopNews 6月21日(日)23時7分配信

【決勝速報】ロズベルグ逆転優勝 アロンソとライコネンがクラッシュ/F1オーストリアGP
F1オーストリアGP決勝を2番手からスタートし、ハミルトンをかわして今季3勝目をあげたロズベルグ。
2015年F1第8戦オーストリアGPが6月21日(日)、レッドブルリンク(全長4.326km)で3日目を迎え、現地時間14時(日本時間21時)から行われた決勝でメルセデスAMGのニコ・ロズベルグが優勝した。今季3勝目、通算11勝目。


レース開始直後のターン1で2番手からスタートしたロズベルグが、ポールシッターのルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)をとらえて先頭に躍り出る。その直後にキミ・ライコネン(フェラーリ)とフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)がからむクラッシュが発生。セーフティカーが導入される展開に。

早々にアロンソを失ったマクラーレン・ホンダだったが、ジェンソン・バトンにも10周目を迎えるところでトラブルが発生。序盤で2台とも姿を消してしまうという厳しい事態となった。

その後上位勢には大きな順位変動はなかったものの、37周目に3番手でピットに入ったセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がタイヤ交換に手間取り大きくタイムロス。これで4番手を走行していたウィリアムズのフェリペ・マッサが難なく3番手に上がる。

レースはそのままロズベルグがハミルトンを従えて先頭でチェッカーを受けた。終盤、マッサを追いあげたベッテルだったが追い抜くには至らず、マッサ3位でフィニッシュ。ベッテルは4位にとどまり、フェラーリは2戦連続でウィリアムズに表彰台を献上した形となった。

5位から10位までの結果は次のとおり。5位バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)、6位ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)、7位パストール・マルドナード(ロータス)、8位マックス・フェルスタッペン(トロロッソ)、9位セルジオ・ペレス(フォース・インディア)、10位ダニエル・リカルド(レッドブル)。

次戦、F1第9戦イギリスGPは、7月3日(金)の日本時間18時に開幕。決勝は7月5日(日)の日本時間21時に行われる。



F1を「クズ」と言ったのは、バーニー・エクレクトンです。

バーニー・エクレストンはF1の最高責任者。
昨年から使われているパワーユニットを批判しています。

ハイブリットV6ターボは、高価で音は静か。勝つのは
特定のチームだけ。
したがって1000馬力のV8エンジンに変更するべきだ、
というのです。コスト削減にもなり、今後F1に参戦したい
と考えるものにとってもそのほうがいい、と。

『F1で重要なのは、テクノロジーだけではない。楽しみを
得られることも大事なのだ。』
『テレビ視聴者も、グランプリ観戦者も減少するというのは
大問題だ』

V8エンジンの復活については、チームからの合意が得られて
いないのですが、エクレクトンはフェラーリの会長と話し合う
つもりだそうです。

さて、どうなるでしょうか。

・・・・そもそもF1の「ボス」といわれるエクレクトンとは
何者か?

次回に触れてみましょう。


posted by 葉月 at 06:36 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。