2010年05月16日

モナコ予選結果と・・・。

レッドブルの強さは6戦全てでポールポジションを取っていること

でもはっきり表れていますね。

昨年のブラウンGPも圧倒的でしたが、今年のレッドブルは予選で

獲得したPPをどう生かすか、そこが問題ですね。

バトン、アロンソ、マッサ、ハミルトンなど速いドライバーを相手

に、ウェーバー、ベッテルがどれだけ頑張るか、ただ、モナコは

PPが有利に働くコースですから、かなりの確率で勝利するのでは

ないでしょうか。

また、そうでないと、クルマのキャパシティーにドライバーが追いつ

いていないと言えるかも・・・・。

各チームで、ブロックしたとかされたとか、ドライバー同士の問題

もあるようです。

モナコ決勝は今夜ですね。



F1第6戦モナコGP公式予選、レッドブルが6戦連続のポールポジション! 小林は16番手
5月15日22時30分配信 ISM



 F1第6戦モナコGPは、休息日を挟み現地時間(以下、現地時間)15日、モナコ公国のモンテカルロ市街地コースでグランプリ2日目を迎えた。午後2時(日本時間:午後9時)より決勝レースのスターティンググリッドを決める公式予選が行なわれ、レッドブルのマーク・ウェーバーが前戦スペインGPに続き2戦連続のポールポジションを獲得している。

 サーキットは晴れ、ドライコンディション。フリー走行3でガードレールにクラッシュし、マシンの右サイドに大きなダメージを負ったフェラーリのフェルナンド・アロンソは出走できない。Q1がスタートするとF.アロンソ以外の全マシンがコースに入り、あちこちで渋滞が発生する。目まぐるしく順位が入れ替わる中、フェラーリのフェリペ・マッサが1分14秒757と1分14秒台で暫定トップに立つ。各マシンいったんピットに戻り、上位につけていたF.マッサ、レッドブル、メルセデス、フォース・インディア勢をのぞくマシンは再びコースへ向かう。F.マッサのトップは変わらず、ザウバーの小林可夢偉は17番手で辛くもQ2進出。新規3チームのロータス、ヴァージン・レーシング、ヒスパニア・レーシングの脱落が決まり、F.アロンソはタイム計測ができずに終った。

 Q2も開始早々に全マシンがコースイン。1回目のアタックでメルセデスのニコ・ロズベルグが1分14秒375のトップタイムを記録し、レッドブル勢が2番手3番手に続く。N.ロズベルグはピットに残り、以降のマシンは2度目のアタックへ。終盤にルノーのヴィタリー・ペトロフがクラッシュする一幕もあったが、赤旗中断とはならずセッションが進む。F.マッサが2番手、マクラーレンのルイス・ハミルトンは4番手にタイムを縮める一方、ジェンソン・バトンは10番手と際どい順位でQ3へ。ウィリアムズのニコ・ヒュルケンベルグ、フォース・インディアのエイドリアン・スーティル、V.ペトロフ、トロ・ロッソ、ザウバー勢はQ3進出が果たせなかった。小林は16番手。

 Q3、新品のソフト側タイヤを2セット残しているR.クビサが、1分14秒284でタイムシートのトップに名を刻む。タイヤ交換を行ない、2度目のアタックに臨むR.クビサとM.ウェーバーがポールを争いを展開。R.クビサは着実に自己ベストを塗り替えるが、ここでM.ウェーバーがR.クビサを上回っていく。トップを奪ったM.ウェーバーは、1分13秒826とついに1分13秒台を叩き出しポールを確実なものとする。R.クビサは最後のラップに賭けていたが、タイム更新はできず2番手に。S.ベッテルが3番手に飛び込み予選が終了した。M.ウェーバーが唯一の1分13秒台で自身4度目、今季3度目のポールポジションをつかみ、レッドブルは開幕以降の全6戦で予選を制している。

 以降はF.マッサ4番手、L.ハミルトン5番手、N.ロズベルグ6番手、ミハエル・シューマッハ7番手、J.バトン8番手と続いた。

 注目の決勝レースは、16日の午後2時(日本時間:午後9時)より行なわれる。 .
タグ:レッドブル
posted by 葉月 at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150047407

この記事へのトラックバック

モナコGP
Excerpt: フェラーリ、マッサが4グリッド獲得 (F1モナコGP予選) ‎17 時間前‎ フェラーリは、F1モナコGPの予選でフェリペ・マッサが4番手、フ..
Weblog: 今読める。芸能・時事ニュース
Tracked: 2010-05-16 20:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。