2015年06月24日

F1の「ボス」バーニー・エクレストン

バーニー・エクレストンはイギリス人の実業家。

F1運営組織「フォーミュラワン・グループ」のCEOです。

「フォーミュラワン・グループ」は、

「フォーミュラワン・マネジメント」
「フォーミュアワン・アドミニストレーション」
の二つの組織を核とする組織です。

トロール漁船の船長の息子として生まれ、16歳で学校失業後、
趣味のオートバイのディーラーのチェーン店を設立。
青年実業家として活躍。

その後、趣味として4輪のレースに出場していましたが、
1958年モナコGPにチームオーナーとして参加。
所属ドライバーの事故死などがあってF1界から撤退。

が、1970年代にブラバムのオーナーとしてF1に復帰。
ネルソン・ピケが優勝するなどチームを成功に導きました。

その後各国のレース興行者とのギャランティー交渉を請け負う
ようになり、
フォーミュラワン・コンストラクターズアソシエーション
を結成。会長となります。

F1のテレビ放映権やレースの興行権を仕切ることになって、
「F1のボス」と呼ばれるようになったのです。

ただ、現在80歳をすぎていて、引退が取りざたされる
ようになってきています。

経費の増大によるチームの経営難、スポンサーの撤退、
人気の落ち込みなど、課題が多いF1ですが、エクレストン
が主張する「V8エンジン」への変更ができるのかどうか、
注目です。

オーストリアGP後のニュース。

早急なF1改革に高まるムード
TopNews 6月23日(火)7時26分配信

早急なF1改革に高まるムード
F1に充満する不満。その解消が一刻も早く求められる
一刻も早く規則を変えなければ。そんな深刻ムードがF1のパドックに今、どんどん充満している。

マクラーレンのスポーティング・ディレクター、エリック・ブーリエはスペイン『Marca(マルカ)』紙に、さし迫った危機を次のようにまとめる。「ドライバーたちは不満を抱えている。それは世間に知れ渡り、やがて彼ら(テレビ視聴者)はF1を去っていくんだ」

なかでも騒がしいのはレッドブルである。彼らはチームのおひざ元で行われた先週末のF1第8戦オーストリアGPで終始、F1は奈落の底に向けて真っ逆さまだと主張していた。

「バーニー・エクレストンはジャン・トッド(FIA(国際自動車連盟)会長)に声をかけて何かをすべきだ」とドイツ『DPA通信』に話すのは、チーム代表クリスチャン・ホーナー。

「しかもなるべく早く。このままでは時間切れだ」

F1に問題があるのはとっくに誰もが分かっている。2017年には規則を大きく変更すべきだとして、話し合いが進行中だ。

「問題は認識している」とドイツ『Frankfurter Allgemeine Zeitung(フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング)』紙に話すのは、フェラーリのマウリツィオ・アリバベーネだ。「だが、それだけではない。これ以上、時間の浪費は許されない」

確かに規則改定の作業を急ぐ動きはある。それも2017年ではなく、2016年に規則を大きく書き換えようというのだ。

「マシン変更はなるべく早くしてほしい」とレッドブルのヘルムート・マルコ博士。「みんなが望むなら、2016年がいい」

F1 CEOのエクレストンも、その気になっている。

「悠長に待っていられない」とドイツ『Salzburger Nachrichten(ザルツブルガー・ナッハリヒテン)』紙に話す84歳のエクレストン。彼によると最大の問題は複雑な「パワーユニット」だ。

「もっと簡単な構造にしなければ」

今までF1は、音が静かで高価なV6ターボの廃止を拒んできた。もしパワーユニットを葬ったら、抗議の印としてメルセデス・ベンツはF1を撤退すると言われる。

「彼ら(エンジン製造会社)がその気なら、ほんとうに止めるだろう」とエクレストン。

レッドブルのチームオーナー、ディートリッヒ・マテシッツにも同じことが言える。彼は今また、F1撤退をチラつかせている。

「彼(マテシッツ)は誰にも相談も必要としない立場の人間だからな」

「彼の不満は理解できる。もし彼が運営側にいれば、さっさと動くはずだ」

ホンダもまた現行ルールに足を引っ張られている。ルノーのトラブルは言わずもがなだ。

しかしエクレストンは、次のように言う。「誰もF1は止めない。私には自信がある」

だとしてもレッドブルのホーナーは、現在のF1運営方法は明らかに機能していないとの考えだ。

「おそらく、われわれに必要なのは外部の専門家だ。F1世界選手権に関わりのない誰かだよ。はっきりとは言えないが、たとえばロス・ブラウン(前メルセデスAMGチーム代表)のような人間だ。彼ならF1のビジネス面も複雑なところも理解している」

「F1の、ルノーやホンダといった企業に対する扱いは何だ。今日(6/21)はホンダの新社長(八郷隆弘氏)が視察に訪れていたが、決して愉快な気持ちではなかったと思う」


また、観客動員数が減少しています。
それに関する記事がこちら。


F1オーストリアGP、観客数が4割減少
TopNews 6月24日(水)7時1分配信

F1オーストリアGP、観客数が4割減少
昨年に比べ、決勝日の観客数が4割も減ってしまったF1オーストリアGP
今年は観客数が大幅に減少するだろうと伝えられていたF1オーストリアGP(第8戦)だが、実際その通りの結果となってしまった。

昨年、新装されたレッドブルリンクで11年ぶりに復活したオーストリアGPには、観客席を埋め尽くす9万人の観衆であふれかえっていた。

だが、『Kleine Zeitung(クライネ・ツァイトゥング)』紙が報じたところによれば、今年の決勝日の観客数は55,000人にまで減ってしまっていたという。

しかし、F1最高責任者であるバーニー・エクレストンは、そうした状況にもかかわらずレースを主催したレッドブルに対して称賛の言葉を送ったとされている。

「素晴らしい」と『Salzburger Nachrichten(ザルツブルガー・ナッハリヒテン)』に語ったエクレストンは、次のように付け加えた。

「一番よかったのは、誰も、何も文句を言っていないということだ」


王座を失ったレッドブル、勝てないフェラーリ、

ライコネンの去就、パワーユニットは変わるのか?

そもそもF1の人気回復は可能なのか?

メルセデスの一人勝ちが続くようでは難しそうです。
posted by 葉月 at 12:22 | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

オーストリアGP決勝!(F1はクズか?)

決勝ではPPを獲得したハミルトンをロズベルグが捉えて
逆転。
そのまま優勝。
3位を走っていたベッテルがタイヤ交換に時間を取られて
マッサに抜かれ、マッサが3位に。
以下4位ベッテル、5位ボッタス(ウィリアムズ)となりました。
注目のフェルスタッペンは8位。

マクラーレン・ホンダは2台とも早々に姿を消してしまい
ました。


【決勝速報】ロズベルグ逆転優勝 アロンソとライコネンがクラッシュ/F1オーストリアGP

TopNews 6月21日(日)23時7分配信

【決勝速報】ロズベルグ逆転優勝 アロンソとライコネンがクラッシュ/F1オーストリアGP
F1オーストリアGP決勝を2番手からスタートし、ハミルトンをかわして今季3勝目をあげたロズベルグ。
2015年F1第8戦オーストリアGPが6月21日(日)、レッドブルリンク(全長4.326km)で3日目を迎え、現地時間14時(日本時間21時)から行われた決勝でメルセデスAMGのニコ・ロズベルグが優勝した。今季3勝目、通算11勝目。


レース開始直後のターン1で2番手からスタートしたロズベルグが、ポールシッターのルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)をとらえて先頭に躍り出る。その直後にキミ・ライコネン(フェラーリ)とフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)がからむクラッシュが発生。セーフティカーが導入される展開に。

早々にアロンソを失ったマクラーレン・ホンダだったが、ジェンソン・バトンにも10周目を迎えるところでトラブルが発生。序盤で2台とも姿を消してしまうという厳しい事態となった。

その後上位勢には大きな順位変動はなかったものの、37周目に3番手でピットに入ったセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がタイヤ交換に手間取り大きくタイムロス。これで4番手を走行していたウィリアムズのフェリペ・マッサが難なく3番手に上がる。

レースはそのままロズベルグがハミルトンを従えて先頭でチェッカーを受けた。終盤、マッサを追いあげたベッテルだったが追い抜くには至らず、マッサ3位でフィニッシュ。ベッテルは4位にとどまり、フェラーリは2戦連続でウィリアムズに表彰台を献上した形となった。

5位から10位までの結果は次のとおり。5位バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)、6位ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)、7位パストール・マルドナード(ロータス)、8位マックス・フェルスタッペン(トロロッソ)、9位セルジオ・ペレス(フォース・インディア)、10位ダニエル・リカルド(レッドブル)。

次戦、F1第9戦イギリスGPは、7月3日(金)の日本時間18時に開幕。決勝は7月5日(日)の日本時間21時に行われる。



F1を「クズ」と言ったのは、バーニー・エクレクトンです。

バーニー・エクレストンはF1の最高責任者。
昨年から使われているパワーユニットを批判しています。

ハイブリットV6ターボは、高価で音は静か。勝つのは
特定のチームだけ。
したがって1000馬力のV8エンジンに変更するべきだ、
というのです。コスト削減にもなり、今後F1に参戦したい
と考えるものにとってもそのほうがいい、と。

『F1で重要なのは、テクノロジーだけではない。楽しみを
得られることも大事なのだ。』
『テレビ視聴者も、グランプリ観戦者も減少するというのは
大問題だ』

V8エンジンの復活については、チームからの合意が得られて
いないのですが、エクレクトンはフェラーリの会長と話し合う
つもりだそうです。

さて、どうなるでしょうか。

・・・・そもそもF1の「ボス」といわれるエクレクトンとは
何者か?

次回に触れてみましょう。
posted by 葉月 at 06:36 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

オーストリアGP予選!

結果を見ればハミルトンがPPを獲得。
ロズベルグが2位というメルセデスのワンツー。
3位がフェラーリのベッテル、4位がマッサでした。

マクラーレン・ホンダはペナルティーによる降格も
あるので、厳しいポジションですね。

そのホンダの新社長が、社長就任後最初の外遊の場所
としたのが、このF1オーストリアGPの地。

社長の記事はこのあとに。

マクラーレン・ホンダはどうやら早々に来年に向けて
動き出したようですね。


予選速報】メルセデスAMG最後にミスも1-2死守 マクラーレン・ホンダQ2進出/F1オーストリアGP
TopNews 6月20日(土)22時36分配信

【予選速報】メルセデスAMG最後にミスも1-2死守 マクラーレン・ホンダQ2進出/F1オーストリアGP
オーストリアGP予選で最後に痛恨のミスを犯したかに思われたハミルトンだったが、後ろから迫っていたロズベルグのミスに助けられてポールを獲得した。
2015年F1第8戦オーストリアGPが6月20日(土)、レッドブルリンク(全長4.326km)で2日目を迎え、現地時間14時(日本時間21時)から行われた予選でルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)がポールポジションを獲得した。今季7回目、通算45回目。

Q1は、ウエット状態での開始となる。しかし、セッションが進むにつれて路面が改善され、途中で全員がドライタイヤに交換を始める。1周ごとに路面が改善される中、めまぐるしく順位も変動。ここで読みを誤ったか、フェラーリのキミ・ライコネンが最後にノックアウトゾーンに落ちるという波乱が起こった。

マクラーレン・ホンダ勢はフェルナンド・アロンソが15番手でQ2進出を決めるも、バトンは17番手でQ1敗退となった。

Q1で敗退した16番手から20番手は次のとおり。セルジオ・ペレス(フォース・インディア)、ジェンソン・バトン(マクラーレン)、キミ・ライコネン(フェラーリ)、ロベルト・メリー(マノー・マルシャ)、ウィル・スティーブンス(マノー・マルシャ)。

Q2では路面状況もだいぶ落ち着き、各ドライバーによる激しい戦いが繰り広げられる。順当にニコ・ロズベルグ、ハミルトン、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が上位を占める中、ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)、マックス・フェルスタッペン(トロロッソ)、フェリペ・ナッセ(ザウバー)がチャンスを生かしてトップ10に残った。アロンソは健闘するも、15番手でQ2を終えた。

Q2で敗退した11番手から15番手は次のとおり。パストール・マルドナード(ロータス)、マーカス・エリクソン(ザウバー)、カルロス・サインツ(トロロッソ)、ダニエル・リカルド(レッドブル)、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)。

Q3は、最初の走行でハミルトンがトップ、ロズベルグと、ウィリアムズのフェリペ・マッサ、バルテリ・ボッタスがそれに続く。終盤のアタックに賭けたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)だったが3番手にとどまる。

チェッカーが振られ、最後の勝負を迎えるとトップタイムをマークしていたハミルトンがターン1で痛恨のスピンを喫する。ハミルトンのタイムを上回るペースで走っていたロズベルグがポールを奪い取るかと思われた。だが、そのロズベルグも最終コーナーで飛び出してしまい、ハミルトンのポールポジションが確定するという結末を迎えた。

2番手から10番手までの結果は次のとおり。2番手ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)、3番手セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、4番手フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)、5番手ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)、6番手バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)、7番手マックス・フェルスタッペン(トロロッソ)、8番手ダニール・クビアト(レッドブル)、9番手フェリペ・ナッセ(ザウバー)、10番手ロマン・グロージャン(ロータス)。

マクラーレン・ホンダ勢は、フェルナンド・アロンソが15番手、ジェンソン・バトンが17番手となった。だが、マクラーレン・ホンダ勢やレッドブル勢はエンジン交換などによるグリッド降格ペナルティーを受けることになっている。

F1オーストリアGP決勝は、明日の日本時間21時から始まる。


ホンダの新社長は3日前の株主総会で正式に就任した
ばかり。
経営的にはリコールで厳しい状況にあるホンダ。
いわゆる社長「本命」コースは、本田技研研究所の社長
経験者だそうですが、その経験は無く、地味な方とか。

社長が代わってもF1へのチャレンジに変更はない、と
いうアピールのための訪問のようです。

ブリジストンの撤退でホンダは唯一の日本メーカー。
厳しい道ではあるでしょうが、期待しています。

マクラーレン・ホンダF1密着/オーストリアGP予選:新社長、「F1を続ける姿勢」をアピール
オートスポーツweb 6月21日(日)8時10分配信

マクラーレン・ホンダF1密着/オーストリアGP予選:新社長、「F1を続ける姿勢」をアピール
苦闘が続くジェンソン・バトン
 オーストリアGP2日目、レッドブルリンクに八郷隆弘ホンダ新社長が到着した。3日前の6月17日に開かれた株式総会で、正式に8代目の社長に就任。社長として最初の外遊の地として選んだのがF1だった。


「この業界は社長が変わると『ホンダどうなんだ?』と思われるので、この先もF1をやっていくよという意味で来ただけ。他意はない」と説明するのは、研究所で一緒に仕事をした経験もある新井総責任者だ。八郷社長はフォーミュラワン・グループのモーターホームを訪れ、バーニー・エクレストン代表に挨拶。「ホンダのF1活動に変更はない」という姿勢を明確に示した。

 しかし、マクラーレン・ホンダは土曜日も苦戦が続いていた。まず、金曜日のフリー走行2回目でイグニッションプラグに問題の兆候が発見されたジェンソン・バトン。マシンを確認したホンダは、ICE、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-Kの4つのコンポーネントを新たに投入した。

 バトンのターボチャージャーとMGU-Hは6基目、ICEは5基目。あわせて25グリッド降格となる。

 フリー走行3回目で、今度はフェルナンド・アロンソのマシンにギヤボックストラブルが発生。チームは予選までに交換作業を終えたが、ギヤボックス交換によって、アロンソもバトンと同様、合計25グリッド降格のペナルティを受けることになった。

 それでも新井総責任者は「今回の交換には戦略的なものも含まれている」と説明する。「(現状を考えれば)どこかで4基を超えて、トークンを使用したパワーユニットを投入しなければならなくなる。その場合どこでペナルティを受けておくのがいいのかをマクラーレン側と協議した上で、今回の変更に至った」

 この言葉の裏には、アロンソもバトンも今回交換された4つのコンポーネントをすべて変えなくても、オーストリアGPは戦えたはず──という意味が隠されている。ホンダは、しっかりと先を見ている。トークンを使用した改良型パワーユニットを、どのグランプリに投入するかという直近の問題だけでなく、来年のパワーユニットをどのように開発していくかというテーマでもある。

 2台そろって25番手降格というペナルティは、数字だけを見れば、悲惨な結果に思える。しかし、そこにホンダがF1で戦い続ける決意を感じとることもできる。

「いつも頑張ってもらっているけど、ありがとう」──八郷社長は、そう言って現場のスタッフたちを激励した。

(尾張正博)
posted by 葉月 at 09:23 | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

オーストリアGPフリー走行

まずはHONDA のF1プロジェクト総責任者の
新井さんのコメントから。

新井 康久|株式会社本田技術研究所 専務執行役員 F1プロジェクト総責任者
「レッドブルリンクは直線が長く、モントリオールに続いてパワーユニットに厳しいサーキットです。 カナダの結果を真摯に受け止め、トラブルの原因を徹底的に追及し対策を行っています。
このサーキットは標高が高く、パワーユニットの出力だけでなく車体のダウンフォースも得にくくなるため、マシン全体のパフォーマンスに影響が出ることが予想されます。パワーユニットは、カナダで投入したERSの効率向上の効果を期待しています。そして、ここでの重要な要素である空力やシャシーのアップデートと協調し、コースに適したパワーユニットのセッティングを施して臨みたいと思います。
より戦闘力の高い車に仕上げ、良いGP週末を迎えられるよう頑張ります」


これを受けて、アロンソにショートノーズの提供が

されたのですね。

しかし、アロンソは5基目のエンジンの使用で、

降格ペナルティーを受けることになりそう。

それも承知の上で、様々にアップデートを重ねる

マクラーレン・ホンダ。これが良い結果に結びつくと

いいのですが。

フリー走行では、アロンソもバトンもまともに走れて

いない状況なので、この週末は厳しそうです。

フリー走行2の結果は、フェラーリのベッテルが1位、

2位にメルセデス・ロズベルグ、3位にライコネン。

フェラーリが好調のようですね。

アロンソとバトンのコメントは以下のとおり。

■フェルナンド・アロンソ「フリー2では予防措置で走行をやめた」
フリー1/17番手
フリー2/16番手
「今日はセッションを通じていくつかの問題を抱えてしまった。幸い、その原因はすべてつかめている。でも、その修理を行うためにかなり走行時間を失ってしまったよ」

「フリー走行1回目では電気系に接続の問題が起きてしまったんだ。そしてギアボックスのソフトウエアの問題も発生してしまった。フリー走行2回目ではジェンソン(バトン)のクルマのイグニッションプラグに問題が発生してしまったので、僕たちも予防措置として走るのをやめたんだ。僕のクルマには新しいエンジンコンポーネントが搭載されている。だから今日は安全策をとって、明日はまったく問題が起きないようにするために問題点をすべて調査するほうがいいと判断したのさ」

「それによって時間を失ってしまったけれど、新しい空力パッケージを装着したクルマの扱いに慣れるにはもっと距離を走る必要があったし、クルマのパフォーマンスを最適化しなくてはならなかった」

「明日はその時間を取り戻せるよう期待しているよ」

■ジェンソン・バトン「レースではセーフティカーを期待」
フリー1/16番手
フリー2/18番手
「今日の午後はイグニッションプラグに問題が発生してしまったんだ。それによって走行を続けることができなくなったのは残念だったよ。だけど、今日はそれほど多くの周回をこなせなかったにせよ、セッションの間にかなりクルマを改善することができたからその点は前向きだね。でも、燃料を多く搭載したときに自分たちがどういう位置に来るかを見ることができればよかったとは思うよ」

「明日も難しい日になってしまうと思う。いくつかグリッド降格ペナルティーを受けることになりそうだからね。もしそうなったら、レースでばん回するためにはセーフティカーに入ってもらうしかないね。そういう展開になることを期待するよ」

「今のクルマの力を最大に引き出し、改善を行っていくためのレースになる。次のレースでそれを生かすためにね」

posted by 葉月 at 09:07 | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

オーストリアGPに向けて

まだまだ苦戦中のマクラーレン・ホンダ。
アロンソは来年のために、今年はデータ取りに専念し
来年の新型マシン作りに意識を変えるべきだと言って
います。
そうは言っても、今年のレースはレースとして「長く走って
楽しみたい」とも語っています。
レースを走り切る「信頼性」
まずは、そこでしょうね。
オーストリアGPを前にして、アロンソの記事です。


アロンソ、マクラーレンの“思い切った決断”を支持
2015.06.16

 フェルナンド・アロンソは、マクラーレンがメルセデスを倒すには思い切ったアプローチを取る必要があったとして、チームとホンダは今は苦労しているがその努力はいつか実ると信じていると語った。

 今年F1にマクラーレン・ホンダのコラボレーションが復活したが、これまでのところチームは苦戦しており、第7戦を終えた時点で入賞はモナコでのジェンソン・バトンによる8位1回のみで、コンストラクターズランキング9位に沈んでいる。

 アロンソは出走した6戦中4戦をトラブルによりリタイアで終えており、いまだにノーポイントだ。しかしマクラーレンが常勝メルセデスに挑戦するためにホンダと組むという思い切った決断をしたのは正しいことであり、時間がかかってもいずれ結果は出ると信じているとアロンソは述べた。

「苦労するのは間違いない」とアロンソが語ったとCrash.netが伝えた。
「去年レッドブルは冬季テストで悲惨な状況で後れをとっていたけれど、それでも3勝を挙げた。彼らは非常に短時間で挽回した。だから僕らも今年それなりのレベルに到達できると、ポジティブかつ楽観的に考えている」
「表彰台に上れるのかどうかは分からない。でもメルセデスに勝つためには、何か思い切ったことをやらなければならない。ホンダと組み、僕らは思い切ったアプローチを取っている。時間はかかるだろうが、楽観視している」
(オートスポーツweb)


【マクラーレン・ホンダ】「専念すべきは信頼性」フェルナンド・アロンソ/F1オーストリアGPプレビュー
TopNews 6月17日(水)11時43分配信

マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソが、レッドブルリンクで行われるF1第8戦オーストリアGP(21日決勝)に向けて意気込みを語った。

■フェルナンド・アロンソ「専念すべきは信頼性」
「モントリオール(F1第7戦カナダGP)はチーム全体にとって困難なレースだった。サーキットの特性が特性だけに苦労を予想していたが、2台揃ってリタイアとは本当に参った。しかし、一回の週末が予定通り行かなかったからといって諦める僕らではない」

「僕らは相変わらず毎週末、大きく進歩しているし、それはオーストリアも変わらないことを願っている。今いちばん専念すべきは信頼性だ。なるべく大きな前進を遂げようと思ったら、走る時間を最大限に取らないとね。ここ(レッドブルリンク)は高速の長い直線が4本あって、コーナーで激しいブレーキングが要求される、かなり体力的にキツいサーキットだ。従って僕らのパッケージにも相応の負荷がかかるだろう。でも走ってみると、なかなか面白いところだ」

「シュピールベルク(レッドブルリンク)はロケーションが美しい。11年のブランクを経て帰ってきた昨年は、素晴らしい経験をした。以前と変わらず見ごとなサーキットだった。抜きどころも多くあって、運転の楽しさは尚さらだね。前戦はもう終わったことだ。今は早くコースに出て行って僕らに最も近いライバルたちと激しい競り合いをしたい。多少、走りも楽しみたいな」
posted by 葉月 at 04:06 | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。