2014年03月30日

マレーシアGP決勝!

今年はメルセデス?
といいたいくらい、ハミルトンはPPからそのままゴール。

ロズベルクも2位で、メルセデスの1,2位フィニッシュ。

レッドブルのベッテルが3位ですから、昨年のチャンピオンと
メルセデスの戦いの序盤戦、という2014年のスタートです。

予選を走れなかった小林可夢偉は、20位スタートで13位完走
フィニッシュ。いい仕事をしています。
今年F1にカムバックできたのは、可夢偉にとっては大きいですね。
さらなる飛躍が期待できそうです。

レース内容と結果は次のとおり。↓




小林可夢偉は13位、優勝はハミルトン F1マレーシアGP
TopNews 3月30日(日)19時4分配信
小林可夢偉は13位、優勝はハミルトン F1マレーシアGP
F1マレーシアGP決勝はメルセデスAMG勢が1、2位を独占。

2014年F1第2戦マレーシアGPが3月30日(日)、セパン・インターナショナル・サーキット(1周/5.543km)で3日目を迎え、現地時間16時(日本時間17時)から行われた決勝でルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)が優勝。通算23勝目。小林可夢偉(ケータハム)は13位だった。

ポールポジションからスタートしたハミルトンはスタートでトップの座を守ると、その後も安定した速さで独走を見せ、今季初優勝を飾った。2番手にはスタートでセバスチャン・ベッテル(レッドブル)をかわしたニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)が入り、メルセデスAMG勢が1位2位を独占した。

2位から10位までの結果は次のとおり。

2位ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)、3位セバスチャン・ベッテル(レッドブル)、4位フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、5位ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)、6位ジェンソン・バトン(マクラーレン)、7位フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)、8位バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)、9位ケビン・マグヌッセン(マクラーレン)、10位ダニール・クビアト(トロロッソ)。

小林可夢偉(ケータハム)は、フリー走行をほとんど走行できないというハンデを負いながらも、20番手からスタートした決勝では終始安定した力強い走行を披露。順位を大きく上げて13位で今季初完走を飾っている。

2014年F1第3戦バーレーンGPは、4月4日(金)現地時間14時(日本時間20時)に開幕。決勝は4月6日(日)現地時間18時(日本時間24時)にスタートする。



ちなみに、メルセデスの1,2位独占は1955年以来のこと

らしいです。

メルセデス、今年はやりそうですね。
posted by 葉月 at 20:17 | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マレーシアGP予選!

第一戦に続き、メルセデスのハミルトンがPP獲得。

前回は同僚のロズベルクが優勝しましたが今回はどうでしょう?

好調を保っているメルセデスが連続優勝で今期に弾みをつける
ことができるかどうか注目です。

2番手につけたレッドブルのベッテルが、昨年のチャンピオンと
しての意地を見せるか、それも楽しみです。

4位アロンソ6位ライコネンのフェラーリ勢は結果を出すことが
できるでしょうか?

詳しい記事はこちら↓


ハミルトンが2戦連続ポール獲得、マレーシアGP
AFP=時事 3月30日(日)7時13分配信
ハミルトンが2戦連続ポール獲得、マレーシアGP

【AFP=時事】14F1第2戦マレーシアGP(Malaysian Grand Prix 2014)は29日、予選が行われ、メルセデスAMG(Mercedes AMG)のルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)がポールポジションを獲得した。


 激しい雨に見舞われたなか、ハミルトンはスリリングな予選を制し、英国記録に並ぶ通算33回目のポールを確保している。

 悪天候の影響により開始が約1時間遅れ、セパン・インターナショナル・サーキット(Sepang International Circuit)の濡れた路面で行われた予選は、レッドブル(Red Bull)のセバスチャン・ベッテル(Sebastian Vettel)をハミルトンが振り切った。

 シーズン開幕戦のオーストラリアGP(Australian Grand Prix 2014)を制したハミルトンの同僚ニコ・ロズベルグ(Nico Rosberg)が3番手となり、フェラーリ(Ferrari)のフェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)が4番手につけた。

 今季からベッテルとチームメートになったダニエル・リチャルド(Daniel Ricciardo)が5番手、フェラーリのキミ・ライコネン(Kimi Raikkonen)が6番手と続き、素晴らしい走りをみせたフォースインディア(Force India)のニコ・ヒュルケンベルグ(Nico Hulkenberg)が7番手に入った。

 ベッテルに0秒055差のベストラップ1分59秒431を記録し、2戦連続のポールポジションスタートを決めたハミルトンは、ジム・クラーク(Jim Clark)氏が持つ英国出身ドライバーの通算最多ポールポジション獲得数に並んでいる。

 ケータハム(Caterham F1 Team)の小林可夢偉(Kamui Kobayashi)は予選を20番手で終えた。【翻訳編集】 AFPBB News



また、4位につけたアロンソのコメントは次のとおり。


アロンソ「傷ついた車で4位。今までで一番嬉しい」フェラーリ土曜コメント
オートスポーツweb 3月30日(日)5時56分配信

フェルナンド・アロンソ 予選=4位
「今日の予選には大満足だ。キャリアの中で4位がこれほど嬉しかったことはないと思う。混乱した予選だったし、特に終盤にはマシンにダメージを抱えていた」

「右コーナーでは指1本でステアリングを切れるのに、左コーナーになると両手を使ってもそれができない。片側がとても重く、もう一方がとても軽くなってしまい、その上、ウエットコンディションだったため、マシンを走らせるのが楽ではなかった」

「今シーズンはマシンに変更を施すのに長い時間がかかる。でもチームの皆はわずか数分でサスペンションを交換してくれた。見事な記録だ」

「それに彼らは正しいタイミングで僕をコースに戻してくれた。それによって僕はQ3に進むことができたんだ」

「クビアトとのアクシデントは、彼にとっても僕にとっても不運なものであり、避けるのは不可能だった。トロロッソが見えた時にはすでに(接触を避けるには)遅すぎたんだ。ターンインしたら何かと当たったのを感じた。接触して初めて彼が見えた。雨の時は大体そうだが、視界がかなり悪くなり、運が大きくかかわってくる」
 
「Q3でもチームは最高の仕事をしてくれた。いつ新品のエクストリームを装着するのか、タイミングを計るのが重要だった。僕らは序盤、路面コンディションが比較的よかった時を選び、すぐに速いタイムを出すことができた」

「4位と6位からスタートするから、表彰台は可能だと思う。好調なメルセデスを除けば、その後ろのグループの中ではパフォーマンス差は小さい」

「今週末はシングルラップのパフォーマンスよりレースペースの向上に重点を置くという選択をした。ポジティブな感触を持っている。それでも難しいレースになるだろうことは分かっている。天候が不確かだから、どういうレースになるのか予想するのは難しい」

[オートスポーツweb 2014年03月30日]
posted by 葉月 at 08:40 | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

マレーシアでもメルセデス好調!?

メルセデスが好調を維持。

続くのは、レッドブルとフェラーリでしょうか?

キミ・ライコネンに個人的には注目しているのですが。

今回は期待しています。

そして「王者」ベッテル。

やはり出てくるでしょう。

しかし、レッドブルのここ数年の安定感には驚きます。

速くて強い、という最高の「安定」ぶり。

可夢偉のケータハムはトラブル。こちらは前途多難ですね。





F1第2戦マレーシアGP金曜フリー走行、メルセデス勢が両セッションでトップ! 小林可夢偉はトラブル
ISM 3月28日(金)20時54分配信
 F1第2戦マレーシアGPが、現地時間(以下、現地時間)28日、セパン・インターナショナル・サーキットで開幕。2回のフリー走行が行なわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグがトップを分けあった。

 この日のセパンは晴れ、気温30℃前後の蒸し暑いコンディション。午前10時(日本時間:午前11時)から始まった90分間のフリー走行1は、各車2セットのハードタイヤが使用可能な中、メルセデスのL.ハミルトンが1分40秒691でトップに立った。

 午後2時(日本時間:午後3時)から、同じく90分間で行なわれたフリー走行2。前半はハードタイヤで各車走行し、フェラーリのフェルナンド・アロンソが1分40秒737で暫定トップに浮上する。

 その後、各車ソフト側のミディアムタイヤに履き替えると、開幕戦優勝のメルセデスのN.ロズベルグが開始36分で1分39秒909をマークし、トップに躍り出た。

 2番手はフェラーリのキミ・ライコネン、3番手はレッドブルの王者セバスチャン・ベッテルで、ここまでが1分40秒を下回った。

 メルセデスのL.ハミルトンは4番手、フェラーリのF.アロンソが5番手、レッドブルのダニエル・リカルドが7番手、マクラーレンはジェンソン・バトン8番手、フリー走行1でメカニカルトラブルに見舞われたケビン・マグヌッセンが12番手だった。

 ロータスはフリー走行1では2台ともタイムを残せず、フリー走行2でもロマン・グロージャンはギアボックストラブルが発生し17番手、パストール・マルドナードは出走できなかった。

 ケータハムの小林可夢偉はフリー走行1で5周走行し、19番手タイムを残したところでトラブル発生。その後、エネルギー貯蔵システムの交換を強いられたため、フリー走行2はコースに出られなかった。

 明日29日は、午後1時(日本時間:午後2時)からフリー走行3、午後4時(日本時間:午後5時)から公式予選が行なわれる。

最終更新:3月28日(金)20時54分ISM
posted by 葉月 at 23:31 | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

英誌のF1第一戦ドライバー評価

2014年F1第一戦が終わって、イギリスのスポーツ誌でドライバーの
評価がされています。

その中で、F1にカムバックした可夢偉が高く評価されています。

ケータハムのドライバーシートを、いわば自ら買って1年でF1に戻って
きた可夢偉。

確かにこれ以上のブランクは避けたいところだったでしょう。

F1で走り続けるために、可夢偉のチャレンジは始まったばかり。
第一戦では、0周でのリタイアでしたから、少なくとも次では
完走してもらいたいものです。


「可夢偉の強さに驚くばかり」:英誌によるF1第1戦全ドライバー評価
オートスポーツweb 3月22日(土)21時22分配信
「可夢偉の強さに驚くばかり」:英誌によるF1第1戦全ドライバー評価
2014 F1開幕戦オーストラリアGP 小林可夢偉&ケータハム・ルノー
 英AUTOSPORTが2014年オーストラリアGPを戦った22人のドライバーを10点満点で評価した。最高得点を獲得したのはF1デビュー戦で表彰台を獲得したケビン・マグヌッセン。1年のブランクの後にF1に復帰した小林可夢偉にも高い評価が与えられた。

 英AUTOSPORTのF1担当編集者エド・ストローは、今季F1開幕戦に10点ひとり、9点4人と比較的高得点をつけている。

 マクラーレンから今年F1に昇格、初レースで4番グリッドから2位を獲得したマグヌッセンに10点満点の評価がついた。

 デビュー戦でトップ2に入ったのはマグヌッセンを含めてこれまで9人しかいない。彼はプラクティスからいい走りを見せ、雨で難しいコンディションになった予選で4位を獲得。唯一マイナスと言えるのはスタートでの失敗だが、「彼はそのヒヤッとする瞬間をうまくしのぎ切って“最も恥ずかしいデビュー戦”となるのを回避、その後は完璧な走りをして“最高の初戦”へと変えてみせた」。


 9点と評価されたのはダニエル・リカルド、ルイス・ハミルトン、ニコ・ロズベルグ、ダニール・クビアト。

 リカルド(2番グリッドからスタート、決勝2位でフィニッシュしながら燃料流量違反により失格)は過去数年高く評価されてきた優れた予選パフォーマンスを発揮、インターミディエイトでのベストラップは非常に素晴らしく、決勝の走りも文句のつけようがないものだったと評された。

 ハミルトン(予選1位、決勝リタイア)は、決勝ではトラブルで早々にリタイアしたが、予選では「トリッキーなコンディションでマシンをしっかり制御し、見事なラップで32回目のポールポジションを獲得した」。

 ロズベルグ(3番グリッド、優勝)は、予選結果は残念なものだったが、「レースパフォーマンスは完璧で、タイヤを作動領域に保ちつつ燃料をうまく管理して走った」。

 ルーキーのクビアト(7番グリッド、決勝9位)は、ヘルムート・マルコが常々称賛してきた精神力の強さを発揮、「Q3でコントロールを失った以外は、予選でも決勝でもミスをせず、速さも見せた」。


 ケータハムと契約して今年F1に復帰した可夢偉は予選Q2に進出し、14番グリッドを獲得。決勝では好スタートをしたものの、ブレーキトラブルによって0周リタイアに終わった。その可夢偉には7点が与えられている。

「金曜に(トラブルで)1周を走ったのみの小林が、ケータハムを駆りQ2に進出するなどと誰が考えただろう。その結果に1円だって賭ける者はいなかったはずだ」とストローは記している。

「しかし可夢偉はQ1を突破、F1から遠ざかっていた12カ月の間にもその粘り強さを全く失っていなかったことを証明した」

「(決勝)1コーナーでのクラッシュは、最初は大失態に見えたが、後にリヤブレーキのトラブルによるものだったことが判明。彼がフェリペ・マッサを避けることは不可能だった」


 英AUTOSPORTによる2014年第1戦オーストラリアGPでの各ドライバーの点数は以下のとおり(10点満点)。

■レッドブル・レーシング
セバスチャン・ベッテル:6点
ダニエル・リカルド:9点
■メルセデス
ルイス・ハミルトン:9点
ニコ・ロズベルグ:9点
■フェラーリ
フェルナンド・アロンソ:8点
キミ・ライコネン:6点
■ロータス
ロマン・グロージャン:6点
パストール・マルドナド:6点
■マクラーレン
ジェンソン・バトン:8点
ケビン・マグヌッセン:10点
■フォース・インディア
ニコ・ヒュルケンベルグ:8点
セルジオ・ペレス:5点
■ザウバー
エイドリアン・スーティル:7点
エステバン・グティエレス:4点
■トロロッソ
ジャン−エリック・ベルニュ:8点
ダニール・クビアト:9点
■ウイリアムズ
フェリペ・マッサ:6点
バルテッリ・ボッタス:7点
■マルシャ
ジュール・ビアンキ:6点
マックス・チルトン:6点
■ケータハム
小林可夢偉:7点
マーカス・エリクソン:8点

[オートスポーツweb 2014年03月22日]
posted by 葉月 at 18:00 | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好調メルセデスとの「差」を認めるフェラーリ

2014年のF1第一戦では、メルセデスがスピードと
安定性で他チームとの差を見せつけました。

昨年チャンピオンのレッドブル、このところなかなかマシン
が「優秀」とはいえないフェラーリなど、メルセデスとの
差をどう考えているのでしょうか?

フェラーリチームは、今後の「レースをしながらの」開発
で努力を続けるしかない、と言っています。

確かに今年のレギュレーションの変化に十分に対応しきれて
いない面は多いでしょうが、一歩リードしたメルセデスに
今後どれだけ迫ることができるのか、注目です。

記事はこちら。

フェラーリ首脳「メルセデスと対等に戦うためには大変な努力が必要」
ISM 3月21日(金)14時4分配信
 フェラーリのテクニカルディレクター、ジェームズ・アリソン氏は、開幕戦オーストラリアGPの結果を踏まえ、「メルセデスと対等に戦うためには大変な努力が必要」と訴えた。現地時間(以下、現地時間)18日、F1公式サイト『Formula1.com』が伝えている。

 オーストラリアGPではフェラーリの両ドライバーとも入賞を果たしたが、フェルナンド・アロンソは予選5番手からレース中は順位を上げることができず(ダニエル・リカルドの失格で繰り上げ4位)、優勝したメルセデスのニコ・ロズベルグから30秒以上遅れてチェッカーを受けた。自身のファステストラップはN.ロズベルグから0.2秒以下の遅れだったが、このタイムはレース終盤の燃料が軽いときに出したもので、一方N.ロズベルグは19周目に記録していた。また、キミ・ライコネンは7位だった。

 J.アリソン氏は「『F14T』が示した信頼性にはある程度満足できるが、メルセデスチームと対等に戦うためにはマシンを改善するのに大変な努力が必要なのは明らかだ」とライバルとの差を認めた。

 さらに「『F14T』が好調だったところはたくさんある。スタートとコーナリングのペース、特に高速コーナーは長所だ。しかし、ブレーキング中の安定性とストレートスピードにはさらに取り組む必要がある」とマシンの長所短所を明らかにした。

 過去数年、シーズン序盤は苦戦しているフェラーリだが、J.アリソン氏は「最近のF1シーズンは毎年、3月から11月まで激しい開発競争が特徴だ。今年のあらゆる新レギュレーションによって、マシンを改善する機会はたくさんあるし、マシンの改善競争は例年よりさらに厳しいと予想できる。メルボルンでの我々の競争力は容認できなかったが、マシンに施す改善でなんとかグリッド上位に戻りたいと思っている」と、2014年の大幅なルール変更がシーズン中の大幅な改善の可能性を広げると期待している。

 なお、フェラーリは現在コンストラクターズランキング3位で、首位のマクラーレンからは15点差、2位のメルセデスからは7ポイント差をつけられている。

最終更新:3月21日(金)14時4分ISM

posted by 葉月 at 01:32 | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。