2013年11月05日

アビダビGP結果

アブダビGPで、コンストラクターズの順位では、フェラーリは
メルセデスに遅れをとって3位ですね。
確かにメルセデスは今期調子がいいとは思いますが。
さらに来期はライコネンがフェラーリのシートを獲得したよう
ですが、押し出されたマッサは、ウィリアムズ入りが濃厚だとか。
マッサは好きなドライバーのひとりなので、まだまだ頑張って
ほしいです。
来期のフェラーリが、アロンソ、ライコネンというふたりで
どんなレースを見せてくれるのか、今から楽しみです。
なんとか、レッドブルの独走を許さず、いいレースをして
ほしいと期待しています。
アブダビ後の順位がこちら↓



王者ベッテル以下が接戦に/F1アブダビGP終了後ランキング
TopNews 11月4日(月)1時49分配信


F1アブダビGPでは、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)がベルギーGPからの7連勝を記録。ドライバー、チームともにランキングの変動はなかったが、ベッテル/レッドブル以下の順位争いが激しくなっている。

ドライバーはベッテル、チームはレッドブルのタイトル獲得がすでに前戦インドGPで決定。しかし、ランキング3位のキミ・ライコネン(ロータス)がアブダビGPをリタイアしたことで、4位ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)との差が8ポイント差に縮まり、3位争いが激しくなってきた。

F1アブダビGP終了後ドライバーズ選手権トップ5
1.セバスチャン・ベッテル(レッドブル)347ポイント
2.フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)217ポイント
3.キミ・ライコネン(ロータス)183ポイント
4.ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)175ポイント
5.マーク・ウェバー(レッドブル)166ポイント

チームランキングでは、2位メルセデスAMGが3位フェラーリとのポイント差を11ポイントに広げた。ロータスはライコネンのリタイアにより大量ポイント獲得ならず、メルセデスAMGとのポイント差が37ポイントに広がってしまった。

F1アブダビGP終了後コンストラクターズ選手権トップ5
1.レッドブル 513ポイント
2.メルセデスAMG 334ポイント
3.フェラーリ 323ポイント
4.ロータス 297ポイント
5.マクラーレン 95ポイント
.
posted by 葉月 at 00:46 | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。